2017年12月16日

電動コンパクト改造計画その②



こんにちは広川です。
今日は、先日書いた電動コンパクトマシンガン【スコーピオン】の進捗を書こうかと思います。
基本的な部品がすべてそろったので、ちょろっと作業を始めようかと。
本日の作業は、バレル交換とサイト用のレールマウント設置です。
電動コンパクト電動ガン インナーバレル PDI6.01


まずは、インナーバレルの交換です。
作業自体は簡単です。写真の状態まで持っていければ、工具無しで交換が出来ます。
ただ、組み込む際に気をつけないと行けないのは、バレル・パッキンがキチット適性の位置で組み込まれているようにする事です。
引っかかり少しでも無理やりチャンバーへ押し込むとパッキンが歪み、HOPがまっすぐ掛かりません。
コツとしては、シリコングリスなどを少しパッキンの外側に塗るとスムーズに組めます。
今回チョイスしたインナーバレルは、PDI電動ハンドガンUSP用6.01です。
理由はいくつか有って、今回のスコーピオンは、トレーサーもしくはサイレンサーを使用する前提で、アウターバレルのジョイントをショートタイプを使用する為、ノーマルのインナーバレルだと長すぎて、トレーサーが使えないという事態に・・・・・


ならば短くすればいいのですが、適正サイズにするとUSPやグロックとほぼ同じサイズ・・・・・
初速等の関係で、純正バレルだと内径6.08mmで広すぎるので、内径を6.01まで絞る必要がありました。
そこで以前より信頼の精度を持つPDIを選択しました。
※内径を6.01mmにすることによって、初速は5m/s程度は上がりますが、BB弾の選択が物凄くシビアになりますのでご注意ください。
普段、次世代電動ガンなどのカスタム・調整では、基本東京マルイのノーマルバレルから変更しません。
ショップの人間がこんな事言うとあれですが・・・・
マルイのインナーバレルは精度やバランスが物凄良く変更する必要がないと思うからです。もちろんカスタムの内容によっては、変更した方が良い場合もあります。何にでも適材適所なんですね。
ノーマルバレルの精度に関してはまた別の機会に。


さて、次はマウントの取り付けですが、こちらの方が気を使いました・・・
ここを適当につけてしまうと当然ゼロイン出来ない銃になってしまいます。
レール自体は、とりあえずジャンク箱に合った適当なレールを切って削って整えて。
固定する本体側は、工作機械で削って削って。


水平を計って問題ないのでマウントを取り付けて完成~



今回はここまでです。

次回はいよいよメカBOXです。

【店舗詳細】
taap-shop
住所:埼玉県蕨市塚越6-15-7 丸二マンション2F
連絡先:048-299-9595
メール:info@taap.jp
営業時間:17:00~21:00










  


Posted by taap-shop  at 19:46Comments(0)修理・カスタム

2017年12月14日

FETに関して

こんにちは広川です。
先日ブログに上げたFET組み込みに関しての詳細なご説明や、FETに関してのことを書かせていただきます。
スタンダード電動ガン スイッチ①


まず、そもそもFETとは何かなんですが、専門的なことを書いても判りづらい上に私も理解が足りないので詳しくは書けないのですが、
ざっくり言うと電極間の電流を制御するトランジスタという部品です。
電動ガンの場合、大抵はトリガーに連動した電極を直接付け離しして電気の入り切りをしているのですが、これをトランジスタの中でやってしまおうというのが、FETというものです。
FETにも色々種類があるのですが、電動ガンで主に使われているのは、MOSFETといわれる種類になります。

通常のアナログなスイッチをFETに変更することによって何が起きるかと、まず電源の入り切りの際の電流ロスが、従来のスイッチに比べて圧倒的に少なくなります。もっともメリットになるのですが、ロスとは言い方を変えると火花(スパーク)です。
電動ガンのスイッチでは、トリガーの入り切りをする度に火花が出ておりますので、少しずつスイッチの端子が溶けている状態です。
酷い個体になると、セミオートを打つ際にトリガーの辺りに耳を当てると小さくパチッと音がしているはずです。
この状態で使い続けると当然スイッチが焼けて無くなりますので交換となります。
次に、ロスがなくなるので、バッテリーのパワーがそのままモーターへ伝わりますので、当然動きが良くなります。
特に初期電流がたくさん流れるようになるので立ち上がりが良くなります。
これがレスポンスの向上に繋がります。
FETを入れることによるメリットは大体こんな感じです。SBDと違いはまた別の機会に・・・




上記写真が1年弱セミオートを多用した東京マルイの電動ガンのスイッチです。赤丸の部分が変形しているのがわかるかと思うのですが、
これは金属の端子が溶けてなくなっている状態です。
ここまで行くと、操作感は変わってきますしロスも多くなります。
こうならない為に、FETを組むことになります。
特に、電動ハンドガンやコンパクトガンはこの電極が小さい為にすぐにだめになってしまうので、出来れば端子が消耗する前にFETなどを組むことを当店ではお勧めさせて頂いております。

さて、万能に見えるFETですが、デメリットも御座います。
まず第一に組み込むことが、なれないと面倒・・・・・ハンダゴテが必要ですし、基本的にメカBOXまで全て分解しないと出来ません。
※一部電動ハンドガンなどは全バラシしなくとも出来ますが。
次に、FETも耐久度は御座いますので、それぞれ上限を超えると焼きつきます。焼きついた場合はアナログスイッチと違いONになりっぱなしになる為、電動ガンの場合フルオートで動きっぱなしになります、その場合は別にスイッチをつけていない場合はバッテリーを抜くまで停まりません・・・・
当店のFETは、適したサイズのIRのFETスイッチを使用しておりますので、耐久度などは勿論の事、一部を除く電動ガン以外にはセーフティー機構を持たせて降りますので、万が一の場合も安心な設計になっております。
このような感じで、随時、FET組み込み済み電動ガンを増やして行きますので、乞うご期待ください~
また、お持込の組み込みも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

当店オリジナルFETキット3,000円~(税抜き)
      組み込み工賃2,500円~(税抜き)
  ※銃の種類・状態により変動します、お問い合わせください。

  
【店舗詳細】
taap-shop
住所:埼玉県蕨市塚越6-15-7 丸二マンション2F
連絡先:048-299-9595
メール:info@taap.jp
営業時間:17:00~21:00








  


Posted by taap-shop  at 22:02Comments(0)修理・カスタム

2017年12月12日

FET組込済み電動ハンドガン第一弾!完成!

こんにちは広川です。
以前、当店オリジナルFETに関してのブログを書いたことが御座いますが、
取り急ぎ電動ハンドガンの組み込みが完成したので、そちらの紹介をしたいと思います。
東京マルイハイキャパE FET装備①


当店オープンから1ヶ月ご来店頂いているお客様のご要望など伺っていると、耐久性の向上・レスポンスの向上等のご要望が多く、
予算等の関係上FETの組み込みが多かった為、予てより進めていたFETキットの制作を行いました。
ただ、キットの組み込みにはそれなりの技術と工具が必要な為、組み込みを依頼される方が多く感じます。
東京マルイハイキャパE FET装備③


特に電動ハンドガンに関しては、慣れていれば組み込むことは出来ますが、スペースが少ないことと、全ての部品の組み付けがシビアな為、
組み付けを間違えると給弾不良を起こしたりとろくなことがありません。
そこで、当店は新品ですでにFET組み込み済みの電動ガンを発売して行ければと思い、まずは電動ハンドガンのハイキャパEから発売となりました。
価格は、本体コミコミ15,800円(税抜き)になります。※バッテリーなどは別売りになります。

東京マルイハイキャパE FET装備⑤


東京マルイハイキャパE FET装備⑥



取り急ぎ店頭のみの販売から始め、次世代タイプやスタンダードタイプの組み込みテストが完了次第、web販売も開始いたします。

また、FETの効果、メリット/デメリットなどを次のブログでお話できればと思います。

【店舗詳細】
taap-shop
住所:埼玉県蕨市塚越6-15-7 丸二マンション2F
連絡先:048-299-9595
メール:info@taap.jp
営業時間:17:00~21:00





  


Posted by taap-shop  at 20:31Comments(0)商品情報

2017年12月11日

ちょっと修正・調整~(マイクロダットサイト編)

こんにちは広川です。
スコーピオンカスタムは部品待ちで、本格的作業はかかれないので、その間にスコーピオンに取り付けいようと入手したトリジコンRMRタイプのサイトを調整しようかと。


最近定番になりつつあるトリジコンRMRのレプリカサイトです。
実は、今までこの手のマイクロダットは使うのが苦手で一つも持ってなかったんですが、
初めて使用してみようと意を決して購入をしました。
思い立ったらすぐに欲しかったんで、ショップの人間なのにア〇ゾンで注文・・・・
さすが次の日に到着しましたよ!
そして仮で装着してみたら・・・・・・ゼロインが出来ない・・・・・・・・焦点が斜め上から動かない・・・・・
はい、可能性は覚悟しておりました。皆さんもこの手の経験はあるかと思すが、大体は安かろうで諦めますかね。
まーうちはショップなんで原因を突き止めてみて、あわよくば直してやろうと。
このトリジコンRMRで良く聞く不良は大体こんな感じ。
①照射面のガラスが斜めに付いている。
②そもそも点灯しない
③上下の調整が少ししか出来ない、もしくは動かない。
私の個体の場合、運がいいのか悪いのか、照度調整も出来て位置調整も若干は出来るんですが、照準を合せる所まで動かなかった為、ゼロインが出来ない個体でした・・・


さて、分解して原因を調査・・・調整ダイヤルも問題なく動く・・・・全て組み込むと調整がずれる・・・
ハイ、原因は赤丸部分の部品のサイズにありました。間違いなく部品精度もしくは部品設計のミス・・・・
本体を見ていただくと判るのですが、組んでネジを締めこんだ時に調整のために動く部品の一部が台座に引っかかる。


ならばと今回はハンドガン用の台座を使用するのではなく、レール用の台座を使用するので、赤丸の部分を加工し問題解決しました。
程度によっては、専門機械での加工でなくとも改善できる場合も有りますので、確認してみたらどうでしょう?
※RMRの場合、基盤部分と配線を痛めると完全にアウトなので、シールを剥がすときには十分に気をつけてください。
さすがに、レンズが曲がっているや内部の電気関連が物理的にアウトだとどうにも出来ませんが、安くとも折角購入したアイテムなので、実際に使用できずに飾りで置いておくのは勿体無いので、気になる方は是非ご相談ください。


【店舗詳細】
taap-shop
住所:埼玉県蕨市塚越6-15-7 丸二マンション2F
連絡先:048-299-9595
メール:info@taap.jp
営業時間:17:00~21:00




  


Posted by taap-shop  at 21:36Comments(0)

2017年12月10日

電動コンパクト改造計画その1

こんにちは広川です。
スコーピオン分解①



色々な準備や作業の先が見えて来たのと、色々と煮詰まってきたので、少しリフレッシュがてら、
前から構想を練っていた電動コンパクトの思いっきりカスタムを始めいようかと。
最終的にどこまで詰めれるかわかりませんが、過程をご紹介できればと思います。

やっと内部の確認・必要部品の確認も終わり、現在部品の調達・加工を始めている段階です。

ここで、今回の目指す仕様を簡単に
初速:90ms~
セミオート、トリガーレスポンス重視(デジタルトリガーを組み込んだ電動ガン並みにはしたいな・・・・)
ダットサイト用のレール増設
スコーピオン分解②



ストックの最適化(私が顔がデカイんでサイズ変更しないとサイトが覗けない・・・・)
こちらはとりあえずは、簡単に出来るところなので、少い変更してみました。
とはいっても逆さに付けてみただけですが、大分肩付けしやすくなりましたよ。あとはエンドのところを少し伸ばして・・・など考えております。

個人・他のショップさんが散々やってきている事ではありますが、
今後電動コンパクト・ハンドガンのカスタムの実験としてやるので、とりあえず耐久性など限界を確認してみて駆動系・電気系を1から見直そうかなと。
とりあえず、ハイパワー・ハイレスポンスを目指してみようかなと。
それでは、また次回・・・・・


【店舗詳細】
taap-shop
住所:埼玉県蕨市塚越6-15-7 丸二マンション2F
連絡先:048-299-9595
メール:info@taap.jp
営業時間:15:00~21:00


住宅街などの兼ね合いで、看板など大きく出しませんが、写真にある建物の階段を上がって2Fが店舗になります。
※駐車場は御座いませんので、近隣のパーキングをご利用下さい。路上駐車は厳禁です!








  


Posted by taap-shop  at 19:35Comments(0)修理・カスタム