2018年02月01日

taap-shopカスタムとプリコッキングに関して

スコーピオン カスタム 電動コンパクトガン


こんにちは広川です。
先日は埼玉県三郷市にあるインドアフィールド「ブラスト」さんで開催された、UAB1地区大会にて初めてtaap-shopとして出店させていただきました。
taap-shop出店風景


UAB地区大会開催inブラスト



その際に、当店カスタム中をいくつかデモとして持ち込み、実際に見て触って頂き感想を伺っていた際に、「プリコッキング」と言う仕組みと言うか、仕様があまり認知されていないんだなと感じ、今回「プリコッキング」に関してと、改めて当店カスタムの銃をご説明しようかと思いました。

そもそもプリコッキングとは、電動ガンの内部にあるピストンの後退位置を電気的(一部機械的に調整する場合もあります)に制御して、本来ノーマル状態ならば一番前(スプリングが一番伸びた状態)で停まっていて、トリガーを引くと【モーター駆動→ギア回転→ピストン後退→ピストン開放→BB弾発射】となります。
これが通常の電動ガンの1発発射する時に起こる動作になりますが、これを電気的(一部機械的に調整する場合もあります)に制御し、ピストンの待機位置を後退した状態(スプリングが一番圧縮された状態)から始める事をプリコッキングと言います。
具体的には・・・
【モーター駆動→ピストン開放→BB弾発射→ギア回転→ピストン後退】となります。
※正確に言うと、ピストン開放のためにギアが少しだけ駆動しますが・・・・
見比べて頂ければわかるとおり、トリガーを引いてすぐにピストンが開放されますので、トリガーを引いてからBB弾が発射されるまでのタイムラグが実質半分以下になります。
また、BB弾が発射されている最中に次の準備(ギア駆動・ピストン後退)をしているので、ギアBOXの駆動音も発射音に紛れて小さくなった気がします。このプリコッキング仕様へカスタムした場合、感覚的にはガスブローバックを打っている感覚に近くなるようです。
発射サイクルなどの計測機が当店にはまだ無いため、数値的にご紹介できませんが、今回は初めて動画を取ってみましたので、分かりづらいですが、動画の方もご確認ください。※撮影・編集が下手糞で見づらいのはご容赦ください・・・・・


上記カスタムもご覧になって頂いたとおり、メリットは沢山有りますが、デメリットも御座います。
また、今回当店で使用しているのは、キットボーイさんのスリムステップ3と言うFETユニットになりますが、他にもキットは出ております。
その辺は、次回詳しく書きたいと思いますので、今しばらくお待ちください。

とりあえず今回はここまで!!
ではまた!!!

通信販売もやってます!
こちらもよろしくお願い致します!
taap-webshop

【店舗詳細】
taap-shop
住所:埼玉県蕨市塚越6-15-7 丸二マンション2F
連絡先:048-299-9595
メール:info@taap.jp
営業時間:17:00~21:00









同じカテゴリー(修理・カスタム)の記事画像
少量入荷!
taapshopファインチューンカスタム!
taap-shopカスタムとプリコッキングに関して②
電動ハンドガン・コンパクトガンのメンテナンスサイクルに関して
2018年 東京マルイMP5HC改造計画発動~①
プチ改造!G&G PDW15の伸縮ストックを改良! 
同じカテゴリー(修理・カスタム)の記事
 少量入荷! (2018-02-18 21:33)
 taapshopファインチューンカスタム! (2018-02-06 22:34)
 taap-shopカスタムとプリコッキングに関して② (2018-02-02 21:00)
 電動ハンドガン・コンパクトガンのメンテナンスサイクルに関して (2018-01-27 14:28)
 2018年 東京マルイMP5HC改造計画発動~① (2018-01-22 17:16)
 プチ改造!G&G PDW15の伸縮ストックを改良!  (2018-01-06 23:49)

Posted by taap-shop  at 20:50 │Comments(0)修理・カスタム商品

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。